サラリーマンレベル1

自称大手IT企業の入社一年目リーマンの戯言

台湾に旅行するならここだけは押さえておきたい飲食店in台北(写真とgoogleマップ解説付き)

こんばんは。

台北に一週間行って参りました。

現地に友人がいるので、色々案内してもらいました。

 

今回は台湾に旅行する方のために、ここだけは押さえておきたい飲食店をまとめました。Googleマップと写真を貼り付けておくので参考にしてください。

 

前置きは嫌いなのでさっそく参ります。

 

第一位 鼎泰豊 (Din Tai Fung)@台北101

f:id:muessenwirwollen:20170815224113j:plain

鼎泰豊と言えば、小籠包の代名詞と言っても過言ではないでしょう。

その人気のあまり世界的なフランチャイズとなっており、

アメリカ、オーストラリア、中国、韓国、インドネシアシンガポール、タイ、マレーシアとさらに日本にも進出を果たしております。

日本には新宿、池袋、恵比寿等、全部で7店舗ほどあります。

 

そんな日本にあるのならば、わざわざ台湾で食べる必要なくない?

と思われる方も多いと思いますが、やはり本場の職人と雰囲気は違います。

下の写真を見てください。

f:id:muessenwirwollen:20170815224951j:plain

f:id:muessenwirwollen:20170815224911j:plain

f:id:muessenwirwollen:20170815224916j:plain

動画ではないので、少し難しいと思いますが、何かきづくでしょうか。

これだけ世界的に繁盛しているにも関わらず、人の手で一から作る安心感や温かさもありますが、これだけではないんです。

 

これ、生地を捏ねる担当、皮を丸く伸ばす担当、肉を詰める担当、エビを詰める担当、最後に皮を閉じる担当と職人が配置されています。つまり流れ作業なんですね。これだけの生産性を保つには分業は必須です。

 

では何がすごいのか。

最後に皮を閉じる人は寸分の狂いもなく、小籠包の皮のシワを18本作るところです。

必ず18本作るのです。しかもその動作は柔らかく繊細で美しい。

こうして出来上がった、小籠包は箸で先端を掴み持ち上げられるほどもちもちで、

少しでもその皮に圧力を加えようものなら、堪らず黄金の汁が吹き出します。

 

こうした職人技を見た後で、食す一つひとつの小籠包は感慨深いものです。

 

ちなみに台北に住む友人に聞いたのですが、

現地の大学卒初任給が15万円前後とほぼ同様かそれ以上の額が、

職人には払われるそうで、高卒で大学には進まず料理人を目指す人もいるそうです。

 

台北101内にある店舗はとても広く、ざっと見渡して200席以上あるようでした。

昼夜絶え間なく注文の途切れないレストランにおいて、美味しい小籠包が人間の手によって作られ、私たちのテーブルへ滞りなく運ばれてくる。感無量です。

 

さて最後にひとつ良いことを。

小籠包にも豚肉、えび、ほうれん草等、色々な味があって、

たくさん食べたいあまり、小籠包ばかり頼む方が多いです。

 

でも実は鼎泰豊で一番僕が美味しいと思っているものはチャーハンです。

これを頼まなくては勿体無い。実に勿体無い。

現地の方も小籠包は食べず、チャーハンだけ食べるなんて方もいるくらいなんで、ぜひこのレストランを訪れた時には小籠包ばかりではなく、チャーハンも注文ください。

f:id:muessenwirwollen:20170815231537j:plain

ドーン。

 

最後に場所ですね。

場所はここ。台北101の中にあります。

 

www.dintaifung.com.tw

 

第一位と書いたのですが、

これ以降は随時更新していきたいと思います。

 

以上!