サラリーマンレベル1

自称大手IT企業の入社一年目リーマンの戯言

当たり前のことを今一歩見直すことの難しさ

こんばんは。

 

目が覚めて、光が照らし、脳が起きる。

体を起こし、日を浴びて、心が起きる。

テレビをつけて、椅子に座る。

ご飯を食べて、歯を磨く。

新聞読んだり、天気予報に耳を傾けたりする。

 

何気ない行動の一つひとつは、

小さい時からのもので、日常化されてしまっている。

今更おかしいと「疑う」ことは少ないと思う。

 

でも世の中にはおかしなことがたくさんある。

そう。当たり前だと思っていても気付かないおかしなことが。

 

例えば、お風呂。

髪の毛を洗う時、どうやって洗いますか。

普段意識したことがないから、どうって言われても普通です。

髪の毛をお湯で濡らし、少し洗う。それからシャンプーを手のひらに出して、

それをそのまま少し泡立てて、頭の上からつけて、指先でマッサージするように洗う。

 

これが僕の当たり前でした。

多分、爪を立ててゴシゴシ洗う人もいるだろうし、

髪の毛をお湯で洗う前にすぐシャンプーを始める人もいると思う。

シャンプーを泡立てないで、どろりとした液体のまま頭皮につける人もいる。

 

間違っているとは言いません。

どれも正解です。洗い方は人それぞれです。

 

でも、何のために髪の毛を洗っていますか。

髪の毛を洗う目的なんて普段考えません。

 

いくつか考えられる目的をあげましょう。

・清潔感を保つため

・気持ちが良いから

・髪の毛を美しく保ちたいから

・将来禿げたくないから

・フケが気になるから

 

もしここに該当するものがあるならば、少し見直す必要があるかもしれません。

なぜなら、シャンプーは私たちが考えているよりも刺激が体に強いものであり、

よく泡立ててからでないと頭皮に悪影響を与えるからです。

また頭上からそれをつけるのもよくありません。

頭のてっぺんは刺激に弱いため、後頭部から洗うべきなんです。

科学的に証明されていることです。

 

と、まあ、僕が考えていたよりも多くの違いがあるわけです。

今までの何十年間という時間をかけてやってきたことは、

何と自分にとってベストな方法ではなかったのです。

 

今は例えとして髪の毛の話を出しましたが、よくよく注意して振り返ってみると、

日常には非常に多くの科学的根拠に従わない事象があります。

 

ではどうやったら、普段気付かない当たり前のことを、

一歩引いた視点に立って見直すことができるでしょうか。

 

その答えの前にシャンプーの方法貼って起きますね。

 

www.kinakoneko.com

 

答えは簡単なんです。

今も上でやったように、ひとつ一つの行動の目的を考えてみることです。

目的は人によって違いますから。当たり前のことを見直すかも人によって異なります。

 

もし髪の毛を洗うのは、スッキリしたいからなんだ!って人がいれば、

サクセスでも買ってきて、ゴシゴシパワープレーで洗うのが良いと思います。

でも目的が髪の毛と頭皮を清潔で健康な状態に保ちたいというのであれば、違いますね。

 

まずWhatを考えます。

何を見直したいのかな?

→髪の毛の洗い方

 

次にWhyを考えます。

何で髪の毛を洗っているんだろう?

→髪の毛と頭皮を清潔で健康な状態に保つ

 

最後にHowを考えます。

ではどのように洗うのが一番良いのだろうか?

→指先で、後頭部から泡立てたシャンプーをつける

 

 

このように自分の日常を疑ってみると、

ちょっとだけ喜びに満ちた豊かな生活が送れるかもしれないです。

 

それから有名な社会実験がありますので、

これを読むと、少しだけ心持ちが変わるかもしれません。

youtu.be

youpouch.com

 

あなたの世界は5匹のサルになっちゃいませんか。