平成男子

文系学部新卒SIerです。

嫌われる上司と嫌われる言葉

こんばんは

ご無沙汰しております。

 

入社してから早3ヶ月。

職場にもようやく慣れてきました。

毎日、ワクワクしながら働いています。

もちろん多少の不安やプレッシャーもありますが。

 

職場には、想像した以上に様々な人々がいます。

元スポーツ選手、航海士、ボディビルダーとかとか。

もちろん経歴だけではなくて、人としての個性が溢れている。

f:id:muessenwirwollen:20170726202922j:plain

 

個性を尊重して、お互いを認め合っている環境がある。

それを肌で感じています。なんとなくだけど。

勤務歴が浅いから、表面的な部分しか気付いていないだけなのかもしれないけど。

大学や町内会にいたら、絶対に後ろ指刺されるレベルにおかしな人もいる。

(この僕から見て、仕事ができる人かどうか判断は難しいし、僕にそんなこと判断はできる目は養われていない)

 

この環境は大人だから作れるものなのだろうか。

それとも会社の特性なのだろうか。答えはまだ出せていない。

 

新入社員として過ごした3ヶ月。

友人や同期の悩みもたくさん聞きましたが、

一つだけ書いておきたいことがあったのでここに記します。

 

「俺の時給とお前の時給は違うんだよ。」

 

この文言だけ見ると、傲慢な上司に見えますけど実際は違います。

友人Aはとある都内の港区にあるベンチャー企業勤めです。

こいつは好奇心旺盛で良い奴なんですが、たまに話が要領を得ません。

これを言われた時も話がまとまっていないのにも関わらず、上司に報告に行ったそうで、間違いなく悪いのはこいつです。

 

しかし、結果ベースで考えると上司もこの言葉はよくありません。

これを言われたAは上司に普段の何気ない会話も報連相もまともに行えなくなってしまったそうです。

 

部下や後輩からしてみれば、上司の業務遂行能力が高く、

会社としての価値も人件費が高いのはわかっております。

しかし、この言い方をしても間接的に理解する若手社員は少ないです。

 

「時給が違うんだ。」→「要領よく報連相しなちゃ。」

 

と言うよりも

 

「時給が違うんだ」→「どうしてこんな言い方するんだろ?」

          「丁寧に育成する気はないのだろうか?」

          「怖い」

 

恐怖の感情を先行して生み出してしまい、

間接的な気付きを与えるきっかけを潰してしまいます。

そして若手社員に恐れられ、陰で嫌われるのです。

 

たった一つの言葉の選び方でこんなにも変わるのです。

嫌われる上司は相手の気持ちに立つことを忘れてしまっています。

職場環境が悪くなる前に、新入社員や若手社員がどんな状況でどんな気持ちで働いているのか、考えて見ましょう。

 

全てがあなたの物差しで測れる訳じゃありませんよ。