平成男子

文系学部新卒SIerです。

MARCHレベル以下の大学生でも有利に就活を進める方法

f:id:muessenwirwollen:20161001154315p:plain

 

2016年就職活動の最新情報をお伝えします。

メディアでも取り上げられているように、今年は売り手市場でした。

 

そんな中で積極的に動くことができた訳ですが、

色々と気付くことが多かったので、少しづつ書いていこうと思います。

 

MARCH、日東駒専、その他大学に在籍しているという時点で、

最初からハンデを背負って就活を始めなければなりません。

 

実際に早慶上智のトップクラス、旧帝大出身者は就活解禁前から、

OBや大学を通して連絡が入ることもあり、特別セミナーや座談会、

早期内定コースまで用意され、終始有利に進めることができるのです。

 

最初からハンデを背負っていても、

就活を有利に進めるポイント3つを抑えておけば、

気持ちに余裕を持つことができます。

 

そして日系大手企業、外資系企業、優良まったり企業等、

あなたが行きたい会社から内定を貰うのは簡単になります。

 

 

 

目次

インターンシップに参加する 

②合同説明会でコネを作る

③優良サイトから独自に進める 

 

 

え、当たり前のことやない?と思ったそこのあなたも、

そんなのありなん?って考えているそこのあなたも、

単純なことだけど、しっかりと形になるように身に着けるべきです。

 

正直言って、就職活動は情報戦になります。

その情報を元にいかに自分の力を引き出せるかが勝負なのです。

 

 

 インターンシップに参加する 

 

企業のインターシップに参加するということは、

事業や業務内容を学ぶというだけではありません。

数知れないほどの、メリットがあるのです。

 

企業が属している業界を志望している学生がいるので、

そこで友人を作り、他の企業情報や選考状況を知ることができます。

できる友人のラインには面接で聞かれた質問等の会話でいっぱいでした。

 

企業情報だけではありません。

なぜインターンシップに参加しているのか、

なぜ業界を志望しているのかという会話を重ねることによって、

自分の志望理由を固めていくきっかけにもなります。

 

そしてインターンシップにおいて、最も大切なことは人事部のコネです。

企業と言っても、結局は人間によって運営されているのです。

そこには人と人との繋がりがあります。自分でコネは作れるのです。

 

よく大手や外資系にはコネは関係ないと言う人がいますが、

単に情報不足か、現実から逃げているのではないでしょうか。

 

人事部に顔と名前を憶えてもらうことは大切です。

インターンシップの終わりに声をかけてもらい、

面接を一度済ませるだけで、内々定ということも多々あります。

 

インターンシップ選考の場合は、早めに内々定をもらえます。

特に飲料メーカーや機会メーカーは狙い目です。

優良企業を抑え、自分が挑戦したい企業に積極的に動いていきましょう。

 

文科省の基礎情報も載せておきます。 

平成26年度大学等におけるインターンシップ実施状況について:文部科学省

 

 

②合同説明会でコネを作る

 

単に業界を絞ることができないから、合同説明会に参加する人多すぎません?

様々な業界が来るからこそ、積極的に人事部の方々と話しましょう。

 

合同説明会で説明するのは、

人事部の美男美女、まじめな人、偉い人、新卒1~3年目の4パターン。

これって物凄くチャンスだと思うんです。

 

若手社員と話すことで、自分の志望動機のブラッシュアップもできますし、

あわよくば、採用権限を握った偉い人と話すこともできるんですから。

 

他の学生と一緒に席に座って見ているだけではなくて、

積極的に質問しましょう。メガバンクや大手商社の場合、

質問や発言をチェックしている可能性が結構あります。

 

また説明が終わった後に、足早に退散する学生がいますが、

そこですぐにブースを立ち去ってはもったいないです。

 

簡単にお礼と自己紹介をして、質問を適当にぶつけてみましょう。

社員の皆さんは合説では忙しいので、2、3個質問をぶつけた後に、

もう少しお話が聞きたいので、名刺を頂戴してもよろしいですか、と

打診してみましょう。この積極性を人事部の方は買ってくれます。

 

この方法で、いくつもの優良企業の方から

「今度、特別座談会があるから是非おいでよ。」

「メール入れて、時間合わせてカフェで話でもしよう。」

といった提案を頂きました。

 

実際に座談会に行ってみると、事業部の偉い人がいたり、

一歩引いてしまうような経歴の学生達がいて、話をすることができる。

 

その後の面接では、知り合いの方が担当していて、

簡単な会話で終わるか途中選考をパスすることができる。

 

こうして、現実的な部分で積極的に働きかけることで、

圧倒的に有利に進めることができるのです。

 

 

③優良サイトから独自に進める 

 

はい。リクナビマイナビ、キャリタスしか使っていない皆さん。

その時点で損をしています。

 

これは特に説明は要らないと思います。

以下にリンクを張ってありますので、

自分で見て、使って、確認してみてください。

 

実際、VISITS OB ではNTT系列や商社関連のOBOGがたくさんいて、

僕も重宝させて頂きました。(選考が有利に進みました。)

 

www.goodfind.jp

 

naviryunen.hatenablog.com

 

視野を広げることで、行動も広がります。

行動が広がれば、新しい価値観を見つけることにも繋がります。

 

僕は就活は人生の一つのイベントであり、

何かのきっかけになりうる大切なことだと考えています。

 

皆さんが納得できるような活動になれば良いと思います。

そのために今後も伝えたいことを書いていくのでよろしくお願いします。

 

それでは。